人気ブログランキング |

基礎作り6 捨てコン打ち

3月12日捨てコン打ちました。

当日は予想通りの快晴で絶好のコンクリート日和です!



と、その前に前日に準備したモノを紹介します。


今回の作業は、30cmほど下がったところにある型枠の内側にコンクリートを流し込みます。

3分の2ほどの面積は、コンクリートミキサー車が入れないので生コンを一輪車で運び流し入れ、
残り3分の1はコンクリートミキサー車から直接流し込むという予定です。


一輪車は軽いですが、コンクリートが付着した一輪車は空でも重い。
出来れば高いところから流し込みたい。

と言うおじさんからのアドバイスで、流し込む方法を自分なりに工夫してみました。



この板に生コンを落とし、流し込みます。

a0244289_1584292.jpg




板を横へ移動させながら使うのですがズレてくると困るので、型枠のフチに引っかかるように
棒切れを超テキトーにインパクトでバシバシ付けました。

a0244289_1585752.jpg






さていよいよ当日です。

まずは本日の勇者をご紹介!


現場の進行、土木からなんでもこなすGさん!

a0244289_1591714.jpg




炎のコンクリート職人Tさん!

a0244289_1593689.jpg




ハゲが気になる今年三十路!

a0244289_159508.jpg


の、いつものメンバーに加え、



富士河口湖町から早朝6時半発!で駆けつけてくださった

a0244289_205179.jpg
Chapman Stick 奏者のwoody mojar(ウッディ・モジャ)さん。




そしてなんと寝坊で大遅刻!なぜだ!なぜなのだ?!

a0244289_233646.jpg
8時の約束が9時半にやって来たクズメくん。


の、5名で作業スタート!




と言いたいところですが、クズメくんが来ないので作業段取り変更・・・・・!(汗)




生コンを流し込む滑り台みたいなの(シュート)の先端で、僕が生コンをせき止めたり流したりして
一輪車へ生コンを流し入れ、モジャさんとTさんに次々と運んでもらうことに。


この時点で僕の両手は生コンだらけ、そして手を離すと生コンが地面に落ちるという状態。


なので電話に出ることができず、宇宙農民村の場所を正確に知らないクズメくんが
待ち合わせ場所から動けなくなっているのではないか・・・・と心配していたところ、やっと到着!



そこで職人Tさんにはコテ仕上げに専念していただき、
モジャさんとクズメくんに一輪車で生コン運びまくってもらいました。


途中、クズメくんが生コン入りの一輪車を倒すという、やっぱりやってくれました〜!
というイベントもあり。(笑)


Gさんは、2人が流し込んだ生コンが均等になるようにバイブレーターをかけてくれています。



何十回!?一輪車での往復が続いたでしょうか。

モジャさんとクズメくんにとっては永遠とも思えるような時間だったかもしれません。。。



やっと一輪車での運搬が終わり、コンクリートミキサー車側には直接流し込みます。


シュートは手持ちで全員でコントロール!

a0244289_2165455.jpg

順調、順調。





あれっ?


ミキサー車から、なんかカラカラ音がする・・・・・・・・・・・・・・・




まさか・・・・・・・・・・・・・

生コンが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なくなった!!!(汗)




計算よりも多めにとってはいたのですが・・・・1㎥足りないみたい・・・・・(汗・汗)




きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!


よくあること、よくあること。

焦ってはいけないぞ。。。



生コン屋さんに会社に確認してもらうと、今から追加で来てもらえることに!


ほっ。。。



で、ミキサー車の到着まで小休止ということでお茶を入れてたら、


「お茶飲んでる場合か!一輪車洗わんと固まるぞー!!」


はっ!

その通りでございます!

すみませんでしたーーーーーーーーっ!!!(汗・汗・汗)



で、急いで道具を洗ってからお茶を入れ直して飲んでいると
コンクリートミキサー車2台目来ました〜。

a0244289_2323954.jpg




さっきまでの要領でどんどん流し込みます!

a0244289_2274293.jpg




Gさんが、休憩の前にバイブレーターの機械部分を水で洗ってしまったらしく、
手に電流がきてヤバいから交代してくれとオファーが。


さっそく交代して

a0244289_2413834.jpg

毛根活性化に電流ーーーーーーーー!





その頃Tさんは、流し込んだ生コンを黙々と仕上げしてくれていました。

a0244289_243239.jpg




で、無事全体にコンクリートが行き渡りました。

a0244289_2454477.jpg




そして追加して余ったコンクリートは、倉庫の土間に流し込みました。

a0244289_2474498.jpg




ちょうどお昼になったので、ここでモジャさんは帰られることに。


クズメくんはrumikoさんにお昼ごはんに連れて行ってもらい、
僕は倉庫の土間に流し込んだ生コンが固まる前にバイブレーターで均等に。

そして洗い物も終わり作業完了。


ここで本日の作業は終了〜〜〜〜〜〜!




のはずでしたがーーーーーーーー

以前から貸していただくのをお願いしていた、コンクリ流し込み用の型枠を
今日取りにきてもいいよ、ということになったので急きょクズメくんも一緒に
午後から取りに行くこと。

そしておじさんたちと型枠を軽トラに積みまくって現場に運び込みましたー。



いや〜〜〜〜、本当にハードな一日でした。


冷や汗かきまくり。(笑)



遠くからお越しいただいたモジャさん、本当に助かりました!
また懲りずにお手伝いしていただけるとうれしいです〜。


遅刻でしたがクズメくん(笑)、最後までお疲れさまでしたーーーーー。


撮影隊のrumikoさんもお疲れさまでした〜。


さて次回は倉庫の土間コン打ちです。

冷や汗かきませんように!(笑)


kusumasa
by uchunoumin | 2013-03-13 12:36 | プロジェクト


地球に暮らす宇宙農民の日々


by uchunoumin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

宇宙農民です

宇宙米の新米発売中!ご注文はこちらをクリック→


Facebook 宇宙農民


【宇宙農民とは】

2009年、八ヶ岳南麓に宇宙農民がクワを片手に降り立ちました。
自給自足もいいけれど宇宙農民は「地球知足」。
地球のすべてのものたちと共生しながら足るを知ることができれば、必要以上に作ることも他から搾取することもない。
そんなふうに生きていきたいと思っている宇宙農民です。

田畑を耕し、水と土とお日さまだけで作ったお米「宇宙米」や、宇宙農法による無農薬野菜や小麦・雑穀などを作っています。
持続可能な農的な暮らしは頑張りすぎないこと。
ゆるくて楽しい宇宙農法を開発中。

2012年、宇宙農民基地プロジェクト開始。
セルフビルドで住処を建築中。

mailは↓こちらをクリック

Copyright©2014 uchunoumin
All Rights Reserved.

以前の記事

2017年 11月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

カテゴリ

田んぼ日記
畑日記
自給自足の手仕事
日々の出来事
プロジェクト
お知らせ
宇宙農民寺子屋
セルフビルド
クラフトビール
ホップ栽培
イベント

タグ

ブログジャンル

農家
お酒・お茶
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30